食器棚の歴史のことについて

食器棚

食器棚について

食器棚の歴史のことについて

食器を保管しておける食器棚は古くから存在していました。
食器が発明された頃からそれを保管しておく棚は必要だったからです。
昔は水屋箪笥という名前で呼ばれたこともありました。
これは昔、台所のことを水屋と言っていたことの名残です。
水屋である台所に置く箪笥なので水屋箪笥という名称でした。
台所のことを水屋という名で呼んでいたのは台所は水を使用する場所だったからです。
食器棚には食器を置いておくという機能の他にも衛生的に食器を保管することができる場所としての機能を持っているものもあります。
食べることに使用するものであるために、衛生には何よりも気を使う必要があるからです。
中のものが衛生的に保管できるように扉がつけられているのが大きな特徴です。
外からは虫などが簡単に侵入できないようになっているために、清潔な環境で食器の保管ができます。
扉は簡単に開けられるように引き違いタイプのものが使われていることが多いです。